HOME教育講座講座情報機械設計技術シリーズ > 実務に役立つ機械シリーズ 総合コース

講座情報

機械設計技術シリーズ

ラーニングi★Plus
101168  実務に役立つ機械シリーズ 総合コース

【2020年4月開講】

To-Beエンジニア試験 アドバンスト対応講座!

法人お申し込み

学習期間 8 か月
受講料 69,300円
教材・テスト形式 テキスト8冊/Webテスト8回  テスト形式:Web
■本講座は、eBook対応講座です。
テキストと同じ内容のeBook(電子書籍型テキスト)がセットになっています。PCやモバイルを活かした書籍/電子のハイブリッド学習が可能です!

●テストは全てWebを活用しますので、 受講にはインターネット環境が必要となります。

学習のねらい

 現在の機械装置・機械設備の設計開発では、さまざまな分野の技術について熟 知していないとよりよい製品を生み出すことができなくなっています。
 それらは、従来の機械工学の知識に加えて、新材料、新加工技術、新計測制御 方法などが次々に実用化されて、機械設備に組み込まれてきているからです。
 しかし、それらの新技術やコンピュータ利用の新技術を学ぶことに気をとられ ていると、今度は根本的な設計や加工法について学習する時間がなくなってしまいます。
 本講座は、できるだけコンパクトな教材で、実務に必要な機械工学の知識を効率よく学ぶことができるよう構成されています。

対象者・レベル

・生産設備の開発・設計に携わる機械系あるいは電気系の技術者。
・機械工学の基本理論から実務的知識までを体系的に身につけたいと考えている方。
・物理や数学の基礎が理解できるレベルの学力が必要です。



到達目標

【機械工学・材料コース】
 ・ 材料力学、流体力学、熱力学、機械力学の応用力と、機械設備のさまざまな材料の知識が身に付きます。

【設計製図・加工コース】
 ・ 設計製図の実務知識と、設計した機械部品の加工法が身に付きます。

【機械要素・計測技術コース】
 ・ 信頼性の高い機械要素を設計するための実務知識と、それらを機械設備として安定して稼働するための計測技術を習得します。

【モータと電力・制御技術コース】
 ・ 機械設備を駆動するモータ選定の実務知識と、機械を電気で制御する現場技術を学びます。

学習環境

推奨環境についてはこちら

カリキュラム概要

【機械工学・材料コース】 1. 機械工学

機械工学の学習内容は通称4力と呼ばれている材料力学、流体力学、熱力学、機械力学から成っています。 本分冊では、それらの応用力を身に付けることをねらいとします。
1.材料力学
2.流体力学
3.熱力学
4.機械力学
【機械工学・材料コース】 2. 材 料

材料の学習内容は、金属材料、樹脂、ゴム、セラミックの各分野から成っています。 本分冊では、機械設備としてさまざまな材料の知識の習得をねらいとします。
1.金属材料
2.樹脂材料
3.ゴム材料
4.セラミック・新材料
【設計製図・加工コース】 1. 設計製図

設計製図の学習内容は、機械製図、形状公差、加工精度と信頼性、電気製図から成っています。 本分冊では、それらの応用力を身に付けることをねらいとします。
1.機械製図
2.形状公差
3.加工精度と信頼性
4.電気製図
【設計製図・加工コース】 2. 加工

加工の学習内容は、切削加工、塑性加工、造形加工、表面処理の各分野から成っています。 本分冊では、機械部品のさまざまな加工方法に関する幅広い知識の習得をねらいとします。
1.切削加工
2.塑性加工
3.造形加工
4.加工と表面処理
【機械要素・計測技術コース】 1. 機械要素

機械要素の学習内容は、締結、伝達、密封、トライボロジーから成っています。 本分冊では、それらの応用力を身に付けることをねらいとします。
1.締結
2.伝達と変換
3.密封装置(シール)
4.トライボロジー
【機械要素・計測技術コース】 2. 計測技術

計測制御の学習内容は、センサ技術、応力計測、騒音・振動計測、電気計測の各分野から成っています。 本分冊では、機械設備の計測制御に関する幅広い知識の習得をねらいとします。
1.センサ技術
2.測定の考え方・応力計測
3.騒音・振動計測
4.電気計測
【モータと電力・制御技術コース】 1. モータと電力

モータと電力の学習内容は、直流モータ・交流モータ、駆動技術、負荷・トルク計算、インバータ・サーボ制御から成っています。 本分冊では、それらの応用力を身に付けることをねらいとします。
1.モータ
2.モータの駆動技術
3.負荷・トルク計算
4.インバータ・サーボシステム
【モータと電力・制御技術コース】 2. 制御技術

制御技術の学習内容は、マイコン技術、ロボット技術、シーケンス制御、油空圧の各分野から成っています。 本分冊では、機械設備の制御技術に関する幅広い知識の習得をねらいとします。
1.マイコン技術
2.ロボット技術
3.シーケンス制御
4.油空圧

カリキュラム内容は、予告なく変更されることがあります。



≪ シリーズ別講座一覧へ戻る

△ページTOPへ戻る